仕事のやる気を出す方法|創造的な方法を提案する

仕事のやる気を出したい、と思うことがある。

わたしの場合は、努力に対する成果が見えない…というときに、やる気がなくなる。

そんなときは、こんな努力を続けていいのだろうか、ほかのことをした方がいいのではないか…と思いやる気がなくなる。上手く行かない方法を見つけた、とすればいいのだが、時間や労力を大量に使っていると、精神的な疲れが酷くなりやる気に影響するのだ。

本記事では、仕事のやる気を出す方法について書いてみたい。


やる気とは

やる気とは何か

やる気とは「自ら進んで何かを成し遂げようとする気持ち」のことだ。

脳の研究者によると、「やる気」というものは、創作物であり実際には存在しないそうだ。

わたしたちは、やる気⇒行動というパスを考えるが、「行動⇒やる気」が正しいそうだ。笑顔⇒楽しい、みたいなことだろうか。ただ、楽しい⇒笑顔があるように、経験から考えれば、やる気⇒行動もあるように思う。

※プライベートが充実していると、仕事に対するやる気が出て仕事がはかどることがある。

仮に実在しなくても、やる気という概念を使えば、現象をうまく説明できると思うよ。

仕事のやる気を出す方法は

細分化 ⇒ 行動する

行動⇒やる気というパスがあるのだから、仕事にとりかかればいい。

と簡単に言っても、やる気が出ないので、仕事にとりかかることができない。

わたしは、プロジェクトが終わった後の残務整理というものが苦手だ。肝心のプロジェクトは終わっているので、緊急性はないし重要性も下がる。だから、その仕事になかなか手をつけることができない。

そんなときは、仕事を細分化する。

細分化は、時間的でもいいし内容的でもいい。

5分だけ時間をとってやってみる。5分がだめなら3分でもいい。資料を1ページだけチェックする。1ページがだめなら半ページでもいい。とにかく細分化して着手のハードルを下げ、行動に繋げる。

少しでも行動できれば、行動⇒やる気のパスから、やる気は自然に出てくる。

簡単な仕事からやる

仕事を始めるときは、簡単な仕事から始めるといい。

今述べた「細分化」と同じ発想で、行動に繋げるためにそうする。

たとえば、資料の整理という仕事であれば、「不要な資料を捨てること」から始める。最初からこの資料をどこにどうやって整理しようか…と考えると、頭がフリーズする。だから、まずは「いるかいらないか」だけ考えて、不要な資料を捨てるといい。

細分化もそうだが、とっかかりの心理的なハードルを下げる、ということが大事になる。

嫌な仕事を寝かせる

どうしてもやる気の出ない仕事は、しばらく寝かせてもいい。

緊急性がなく重要度も低い、という仕事は、しばらく寝かせてもいい。

ただし、その仕事の資料は目につく場所に置いておく。そうすると、時間の経過とともに、この古い資料は邪魔だな、そろそろ片付けて別の資料の置き場にしたい…という欲求が出てくる。この欲求を利用すればいいのだ。

仕事を寝かせることで、自然に仕事の緊急性が高くなる…ということだ。

プレッシャーを利用する

締め切りのようなプレッシャーがあれば、自然とやる気は高まる。

だから、時間制限を設けて仕事にとりかかる、ということは、いい方法になる。

また、「自分はこのままでいいのか…」と考えてもいい。この調子で仕事をして、年を取っていいのか…ということだ。あなたは、自分の仕事を通じて、投下するリソースに見合うだけのリターンを得ているだろうか。

今のままではまずい、自分を変えなければ…と思うと、やる気は高まるだろう。

うまく自分にプレッシャーをかけたいね。

自分の実績を評価する

今述べたように、実績が不十分でありまずい…と焦ることもいい。

それとは逆になるが、「自分の実績を評価する」ということも悪くない。

自分の実績というものは、自分が評価しないと活きないものだ。「自分の実績など大したことはない…」と思っていると、焦りを通り越した段階で諦念になってしまう。その段階に至ると、もはややる気は出ない。

自分は自分の実績を評価しないのに、「他人は評価すべきだ…」としても仕方がない。

他人に評価してもらいたければ、まずは自分が評価することだよ。

仕事の意味を考える

この仕事をすることの意味は何か…とよく考える。

わたしは院生時代に本を読まされたが、苦痛に感じることが多かった。

その主な理由は、その本を読む意味を考えなかったことにある。試験に出るから読む、以外の意味をほとんど考えなかった。もし、その本を読むことの意味を聞いたり、調べたり、考えたりしていれば、状況は変わっただろう。

※読まされた本は名著だったと思う。そうしなかったために、内容を全く覚えていない。

仕事も同様で、この仕事をすることの意味を自分なりによく考えた方がいい。

上司や先輩に聞く、ということもいい方法だよ。

拒絶に立ち向かってみる

やる気がないということは、気持ちがないということだから「拒絶」だ。

自分の中にやる気のあるAとやる気のないZがいるとしたら、ZがAを拒絶しているという状況だ。

そこで、拒絶されてそのままでいいのかな…と考える。たとえば、営業活動では拒絶されることが当たり前だ。受け入れてくれる人に出会うために、拒絶されているのだ。だから、拒絶されてもあきらめないという姿勢が大事になる。

同様に、Zに拒絶されていいのだろうか…、あきらめるべきではない、と考える。

まとめ

本記事では、仕事のやる気を出す方法について書いてみた。

※やる気は存在しないという話があるが、それはあるとした方が実感に近いと思う。

その方法は、1)細分化⇒行動する、2)簡単な仕事からやる、3)嫌な仕事を寝かせる、4)プレッシャーを利用する、5)自分の実績を評価する、6)仕事の意味を考える、7)拒絶に立ち向かってみる、の7つになる。

人には「行動⇒やる気」というパスがあるので、このパスを利用することを考える。

具体的には、仕事を細分化するとか、簡単な仕事からやる…ということだ。仕事のとっかかりの心理的なハードルを下げることにより、仕事に入りやすくする。行動を始めれば、やる気は自然に湧いてくる。

最後の「拒絶に立ち向かってみる」だが、そのためには気分を変えることも有効になるだろう。たとえば、音楽を聴くとか、本を読む、頑張っているビジネスパーソンを見る…という手段が有効になるだろう。

もちろん、しっかり休んで、仕事に向かうエネルギーをチャージしてもいいと思う。

今回の記事:「仕事のやる気を出す方法」