行動心理

行動心理

挨拶しない人の心理9つ|なんで挨拶できないのか

挨拶しない人がいる。近所にいるし会社にもいる。自分から挨拶したとき、相手の返しがなければイラッとする。返しを期待している分、裏切られた…と思うし、自分は相手に敬意を与えたのに、相手はそれを無下にした…何様?と思うためだ。そんなときは、腹を立てることにかえて、相手の心理を考えてみよう。
行動心理

努力が続かない理由8つ|努力を続けるヒントにしたい

努力が続かない、ということがある。松岡修造さんの名言とされるもので、「100回たたくと壊れる壁がある。でも、みんな何回たたけば壊れるかわからないから、90回たたいてもそこであきらめてしまう」という内容のものがある。この名言の中に、努力が続かないひとつの理由が示されている。今回は、「努力が続かない理由」について書いてみたい。
行動心理

不安を打ち消す方法4つ

不安を打ち消したい…と思うことがあると思う。たしかに、人生に不安はつきものだが、不安な状態が好きな人はいないだろう。不安になると、居ても立っても居られなくなったり、何も手につかなくなったりしてしまう。今回は、「不安を打ち消す方法」について書いてみたい。
行動心理

人前で緊張する人はこう考える

人前に出ると過度に緊張する人がいる。そんな人は、近々人前で話す機会がある、というだけで憂鬱になる。このタイプの人は、何を考えているのだろうか。彼らには(負の方向への)認知の歪みがあるので、それを正してやれば、過度の緊張を適度な緊張に変えることができるだろう。
行動心理

メタ認知のやり方は|メタ認知で自分の言動を改善する

メタ認知というものがある。この認知をすれば、より良い行動がとれる。たとえば、感情的になっているときは、メタ認知をすればいい。自分の認知を対象化して客観的に見つめることで、合理的な言動ができるようになる。本記事では、メタ認知とそのやり方について書いてみたい。
行動心理

自己中を直す方法がある|自己中心的な行動をやめたい

自己中を直したいとか、自己中心的な行動をやめたいとする人がいる。だが、なかなかそうすることができない。自分の利益には魅力があるので、強引に取りに行きたくなる。だから、なかなか直せないのだ。本記事では、自己中を直す方法について書いてみたい。
行動心理

三日坊主を克服する方法|自分を引っ張る行動にする

三日坊主で行動が終わる、ということがある。自分によかれと思い何らかの行動を始めるが、長続きせず挫折する。試行錯誤の一環と考えれば必ずしも悪いことではないが、三日坊主が習慣になってしまうということではいけない。今回は、三日坊主を克服する方法について書いてみたい。
行動心理

緊張する人はこんな人…緊張する人の心理と特徴9つ 

だれでも緊張はするのだが、人一倍緊張する人がいる。緊張することは悪いことではないが、過度の緊張は自分のパフォーマンスに悪い影響を及ぼす。ゆえに、過度の緊張はなおしたいと思うだろう。そのために、まずは緊張する人の心理と特徴を知っておきたい。